自分にあった高齢者施設の選び方

急速な高齢化に伴い高齢者福祉サービスは拡充し、福祉業界は今や一大ビジネス産業となりつつあります。

そして特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、グループホーム、サービス付き高齢者住宅、介護老人保健施設というように高齢者施設も増加しています。



ではこれらの高齢者施設の中から自分にあったものを選ぶにはどのような点に気を付ければよいでしょうか。



まずその高齢者施設が提供するサービス内容を的確に把握することです。



例えばサービス付き高齢者住宅は「サービス付き」とありますが基本的には賃貸住宅です。



そのため管理人置き、緊急が生じた時に救急車の手配をしてくれる程度のサービスしか提供しないところもあり、介護サービスについては外部のホームヘルプ事業やデイサービス事業を使用することになります。



しかし、1階にホームヘルプサービスのステーションやデイサービス事業所があり、2階以上がサービス付き住宅で経営主体が同じというところもあります。



このようなところの場合は、それらのサービスを利用することは外部の介護サービスを利用していることには違いがありませんが、実質は近距離にサービス提供者がいるため施設内のスタッフよりサービス提供を受けているのと変わらないという現状があります。



したがって、各施設の特性を理解した上で、実際に入居したいと思うところがどのような構造になっており、どのような構想を持っているのかを確認することが重要です。



関連リンク

  • 近年、福祉サービスの充実とともに高齢者福祉施設がたくさんできています。その種類は特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、グループホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅などその種類は様々で、入所要件や提供されるサービスも様々です。...

  • 急速な高齢化が進む中で高齢者施設は増加しています。そして特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、グループホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅などその種類は様々です。...