選べる時代の高齢者施設

高齢者施設と一言で言っても、介護を常に必要とする人が利用する特別養護老人ホームや介護付き有料老人ホーム、現段階では介護を必要とはしていないがバリアフリーなどの高齢者に向けた設計になっている健康型有料老人ホーム、専門スタッフの援助を受けながら複数人で共同生活するグループホームなど様々あります。



特に有料老人ホームは民間の企業が運営していることが一般的なので、施設内に温泉やシアタールーム、ルームランナーの様な運動する器具を設置してみたりと、サービスの内容も充実している所もあります。



また非常に高額ではありますがプレミアムな施設にすることでシニアライフを充実したものにする施設もあるのです。



このように高齢者施設は、様々な特色を持つようになりました。もちろんそれぞれにメリット、デメリットは存在します。



例えば特別養護老人ホームは1部屋に複数人が利用するので料金が安いというメリットはありますが、24時間介護でない所も多いです。

しかし利用者の負担が少ないことから希望者は多く、希望してもすぐには入居できないデメリットがあります。

また有料老人ホームは24時間介護の施設が多く、部屋も1人1部屋で利用できるメリットがありますが、その分経費が多く必要とされ、月々の利用料金は高額な場合も多いです。



また入居料、もしくは入居料を支払わない場合だと月々の料金が高くなります。



そのため利用者の負担が大きいというデメリットもあります。



しかし高齢者施設は、昔に比べれば種類も増え、私たちが住みたいところを選べる時代になりました。


そのため若い人は自分たちが将来どのようにシニアライフを送りたいのかを計画したり、シニアライフに突入している人はどのような高齢者施設があるのかをインターネットなどで調べたりと、それぞれに合った将来を考えることが必要なのではないでしょうか。



関連リンク

  • 急速な高齢化に伴い高齢者福祉サービスは拡充し、福祉業界は今や一大ビジネス産業となりつつあります。そして特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、グループホーム、サービス付き高齢者住宅、介護老人保健施設というように高齢者施設も増加しています。...

  • 近年、福祉サービスの充実とともに高齢者福祉施設がたくさんできています。その種類は特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、グループホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅などその種類は様々で、入所要件や提供されるサービスも様々です。...