高齢者施設を選ぶ上で気を付けること

急速な高齢化が進む中で高齢者施設は増加しています。



そして特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、グループホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅などその種類は様々です。
このように高齢者施設が増加する背景には核家族化に代表されるような家族形態の変化、地域のつながりの希薄化、高齢者福祉サービスの充実、国民の意識の変化があります。
とりわけ高齢者施設の利用に対する国民の意識の変化が大きいです。



すなわち従来は介護は自宅で家族が行うという考えが主流でしたが、介護保険の導入に伴い積極的に介護サービスを購入するという消費者意識が高まりました。



そしてその中で「老後は自分の希望にあった高齢者施設に入所して安心した生活を送りたい」と思う人が増え、施設への入居を肯定的に捉えるようになりました。



では入居する高齢者施設を選ぶにはどのような点に気を付ければよいでしょうか。



この点、入居者本人もしくは家族がその施設に求めることを明確にすることです。



というのも高齢者を対象にした施設はたくさんありますが、提供されるサービスはその施設の類型もしくは各ホームによって大きく異なります。



例えば介護付き有料老人ホームとサービス付き高齢者住宅では両者とも月々の利用料を払う点では共通しますが、後者の場合は賃貸住宅という前提ですので管理人による安否確認等のサービスはありますが原則介護サービスは提供されません。



そのため介護サービスを利用したい場合は外部の事業所よりサービスを受ける必要があります。

しかしデイサービスセンターやホームヘルプ事業所が併設されているところは、そこのサービスを利用することで施設のスタッフから介護サービスを受けているのと同様の効果を得ることができます。


関連リンク

  • 近年高齢者が増え、高齢化社会に突入し、高齢者施設の仕事がどんどん増えてきています。それにより、高齢者や要介護者を対象にした介護施設や高齢者住宅などが、多数あります。...

  • 急速な高齢化が進む中で高齢者施設は増加しています。そして特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、グループホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅などその種類は様々です。...